厚生労働省

知って、肝炎

活動報告

2021.07.29知って、肝炎プロジェクト 世界・日本肝炎デー2021を開催大使・スペシャルサポーターが一致団結!肝炎のない世界を目指して肝炎啓発!

今回、7月28日(水)の世界・日本肝炎デーを含む7月26日(月)~8月1日(日)の肝臓週間に合わせて集中広報啓発活動を実施し、7月29日(木)に東京コンベンションホールにて「知って、肝炎プロジェクト 世界・日本肝炎デー2021」を開催。厚生労働省 健康行政特別参与の杉良太郎氏、肝炎対策 特別大使の伍代夏子氏、スペシャルサポーターのEXILE TETSUYA氏、 AKB48 横山由依氏、清水宏保氏、高橋みなみ氏が出演。また、今年度より、SNSを中心とした当プロジェクトの広報啓発活動への参加を発表した「知って、肝炎プロジェクト」インフルエンサーの佐藤三兄弟も出演し、世界・日本肝炎デーに合わせて、肝炎の正しい知識、早期発見・早期治療を呼びかけました。

催事名:知って、肝炎プロジェクト 世界・日本肝炎デー2021
日時:2021年7月29日(木) 14:00~15:00
開催場所:東京コンベンションホール
出席者:
厚生労働省 健康行政特別参与 杉 良太郎 氏、肝炎対策 特別大使 伍代 夏子 氏
スペシャルサポーター / EXILE(TETSUYA 氏)、AKB48(横山 由依 氏)、清水 宏保 氏、高橋 みなみ 氏(50音順)
インフルエンサー / 佐藤三兄弟

はじめに、杉特別参与は10年続けている「知って、肝炎プロジェクト」の啓発活動について「肝炎は症状に出にくく、肝がんや肝硬変になってからでは治療が大変だということを伝えてきましたが、なかなか伝わらない辛さがありました。今では大使・スペシャルサポーターの活動により、肝炎の知識を広げることが出来ていますが、それでも未だに多くの方が肝炎について知らない、自分は健康だから症状が出ないと思っています。そのような人達に向けてより一層肝炎検査の訴求を強めていきたいです。」と思いを語りました。
その後、各出演者がこれまでの啓発活動の振り返りや、今後の取り組みについて思いを語った後、肝臓週間に合わせて、自身の健康宣言を「〇〇週間」として発表しました。そのなかで伍代氏は「“食養生”週間」を掲げ、「体は食べるもので出来ているため、旬の食材を食べることを意識しています。今の季節にできる夏野菜は体の熱を取り、熱中症予防にもなるためよく食べています。」と自身の食での健康づくりについて述べました。
また、高橋氏が健康宣言に「“禁酒”週間」を掲げ、おうち時間でお酒を飲む回数が増えたため控えると発表したことに対し、杉特別参与から飲みすぎは良くないため、嗜むことが大事と指摘される場面もありました。

イベントの最後には、「知って、肝炎プロジェクト」のインフルエンサーとして佐藤三兄弟が登場。新体操で培った息の揃ったバク宙を披露しました。その後、プロジェクトの意気込みを聞かれ「今回からインフルエンサーとして活動に参加させていただけると聞いてとても嬉しいです。若い世代はSNSを多用しているため、SNSを上手く活かして肝炎の正しい知識を伝えるなど、国民の健康のために頑張っていきたいです。」と述べました。佐藤三兄弟の登場の演出にTETSUYA氏は、「新体操が好きなので、実際に見ることができて嬉しい。これから一緒に頑張っていきましょう!」とコメント。杉特別参与も若い世代である佐藤三兄弟へ期待を寄せました。

また、当日会場内では肝炎ウイルス検査ブースが設置され、横山氏がはじめて肝炎ウイルス検査を受検しました。検査後、横山氏は「採血検査だけで肝炎かどうか分かることが出来るため簡単だなと思いました。簡単な検査なので、ぜひ多くの人に検査を受けてもらいたいです。」と検査の必要性を呼びかけました。